長期優良住宅 メリット :いくら得?

長期優良住宅 にすると 得ですよ・・・

ハウスメーカーを回り始めたころ、よく営業さんから言われました。

あまり興味もなく聞き流していたのですが、セキスイハイムで建てることになり、気付いたらうちも長期優良住宅になっていました。

で、結局いくら得になったのか・・・。

金銭的 メリット はうちの場合、25万円でした。

長期優良住宅 にすることで結局何でいくらお得になるのかが気になる方のために、25万円の内訳をご紹介します。

1. 「住宅エコポイント」15万円分

国からの補助金として「住宅エコポイント」が15万円分もらえました。

補助金の予算が早くなくなってしまったそうで、申請が遅かったわたしたち夫婦はもらえるかどうかヒヤヒヤしたのですが、なんと締め切り当日、滑り込みセーフでもらえることになりました^^;

2. 固定資産税の減額分 約10万円

長期優良住宅 の場合、固定資産税 が5年目まで半分に軽減されます。

一般住宅では3年目まで半額になるので、長期優良住宅だと2年分お得になります。

うちの場合は固定資産税が年10万ぐらいだろうと試算されたので(まだ正確な数字はわかってません)、2年分だと約10万お得ということになりそうです。

このほか、不動産取得税や登録免許税なども若干お得になるようです。

住宅ローン減税に関しては、2011年の引き渡しまでは一般住宅よりお得だったようですが、2012年から一般住宅と長期優良住宅は同じ扱いです。

長期優良住宅にこだわるほどのメリットはあるのか?

長期優良住宅にすべきだ!と宣言するほどのメリットがあるのか・・・?

わたしは「ない!」と思います。^^;

確かに25万も金銭的メリットがあるってすごいことですが、家自体の価格が3860万なのです・・・25万って微々たるものです(苦笑)

しかも、住宅エコポイントは15万円分の価値はありません。

15円分の半分は復興支援ポイントなので、東北地方のものしか購入できません。

しかも、住宅とは全く関係のない牛肉とかソバとか魚とか・・・75,000円分もどうやって食品を購入すればいいのかものすごく悩みましたよ・・・。

でも、これは住宅購入補助というより、復興支援なので仕方ないですよね。

残りの75,000円では、主要メーカーの住宅関連商品をもらうことができました。

加湿器とか高圧洗浄機とかですね。

それでも、普通の量販店で購入すれば3割引きぐらいで購入できそうなのに・・・という値段(ポイント)での交換となります。

なので、15万分のポイントをもらったのですが、実際はその半分ぐらいのものしかいただけなかった、という印象です。

長期優良住宅 は国が定める厳しい条件をクリアしているので長持ちするからお得だ、メリットありだ!とする考え方もあるかとは思いますが、この認定は手間と費用がかかるらしく、大手ハウスメーカーしか手が出ないようです。

なので、中小ハウスメーカーや工務店では長期優良住宅と同じ品質があっても、認定をあえて受けていないそうです。

大手ハウスメーカーで建てられる方は長期優良住宅にこだわってもいいかと思いますが、そうではない方はあえてこだわる必要はないように思います。

関連記事