三井ホームの坪単価は高いのか?値引き額はいくら?

三井ホーム は 高い って言われていますね。

あるサイトによると、
三井ホーム の 坪単価 は83万
と書かれています。
他のハウスメーカでは60万台が多いなかで

三井ホーム ってめちゃめちゃ高いっ!(((;゚д゚;)))

と恐れおののいたのは私だけではないはず。

ところがです・・・

実際にわたしたち夫婦が見積もりを取ってみると
坪単価 63万円
となっていました。
(照明・カーテン、太陽光、全館空調、外構は別)

なぜっ??なぜなぜっ????( ̄∀ ̄;)

63万円だったら、大和ハウスや

セキスイハイムよりもお安いのです。

ハウスメーカのなかで一番高いと評判の三井ホームで

なぜ63万円という坪単価が提示されたのか・・・。

それは、坪単価 というものの仕組みがわかれば

謎は解明されます。

三井ホーム スパニッシュ 外観

三井ホーム 坪単価

大和ハウスの坪単価&値引きについて」でも書きましたが、

坪単価 とは「家の本体価格」÷「延べ床面積」で

算出されます。

つまり、家にかかった費用を

家の大きさで割った数字なんですね。

ですから、小さな家に高価な内装を施せば

当然、坪単価 は跳ね上がります。

そう、この「高価な内装」ってところが

ポイントなんですよ。

内装や設備(キッチン、洗面など)をこだわらず

すべて三井ホームの提案どおり

一番お安いものでそろえれば

私たちが提示された 坪単価 63万で家が建ちます。

(カーテン、照明、エアコンは

現在使ってるものを再利用すると仮定)

でも、打ち合わせで、

やれ「キッチンは少し広めがいい!」とか

やれ「洗面台は輸入物がいい!」とか言い始めると

どんどん値段が吊上がっていきます。

そうなると、どうなるか。。。

家の価格が上がり、当然、延べ床面積で割るだけの

坪単価 も上昇します。

それが、冒頭で書いた「坪単価83万」の謎の解・・なんですね。

私たち夫婦は結局、三井ホーム で契約しなかったので

最終的な坪単価はわかりませんでしたが、

打ち合わせ途中で算出された費用から坪単価を出してみると

74万円ほどでした(外構などすべて合わせて約94万円)。

まだ80万台には到達してませんが、

それでも打ち合わせを進めていけば、

確実に80~90万円台になったと思います。

それはなぜか・・・

三井ホーム 評判:長所について」で書いたとおり、

三井ホーム ってめちゃめちゃ自由度が高いんです!!

なーーんでもできちゃいます。

「タイル張りのキッチンに憧れるわぁ~」とか

「やっぱり床は無垢材よねぇ~」とか

「アーチの天井がアクセントになるわよねぇ~」とか

「ボウウィンドウがおしゃれよねぇ~」とか・・

三井ホーム は、夢をかなえてくれる

ハウスメーカーなんです^^

家づくり当初は、「削れるところは削る!!」と

強い意志を持ってるものですが、だんだんと

金銭感覚、崩壊します(笑)

100万ぐらいの変更は痛くもかゆくもないっ!

ってなってきます。ホントに!!^^;

そうなると、坪単価 ものすごく上がります。

で、気づくと、ローン限度いっぱいいっぱい!

ってことが起こってきます。

これが、三井ホーム がよく言われる

「お金持ちのための家」の所以なんですよね~。

どんな夢でも叶えてくれるハウスメーカだからこそ

お金がないと寂しい・・ってことになりえます。

他のハウスメーカだと、お金があっても

できないことってたくさんありますから!

これが良い言い訳にできちゃったりするんですよ。^^

お金がなくて諦めたわけじゃない!

ハウスメーカができないんだっ!!ってね♪

夢を叶えてくれる 三井ホーム で建てたい方は、

お金がなくて諦めた~ってなるべくならないように

しっかり貯金して、自分が欲しい設備や装飾を

明確にしておいたほうがよさそうです。

三井ホーム 値引き 価格

さてさて、気になる 値引き のお話です。

結論から言うと、見積もり段階で大体500万ぐらいでした。

これが最大限の値下げ幅なのかどうかはわかりません。

ちなみに、大和ハウス も セキスイハイム も

大体同じでした。

今思うと、メーカーによって大きく値下げ幅が

変わってくるとは思えない。。。のですが、

どうなんでしょうね。。。

そもそも、見積もり段階で値下げしてもらっても、

契約後にどんどん設備やらインテリアを追加して、

値下げ幅以上の値上げになることだってありますしねぇ。。。

わたしも契約前には「値引きを!!」と迫っていたので

値引き してもらいたい気持ちはよ~くわかるのですが、

今、家づくりも終盤に向かっているなかで思うのは、

値引き よりもまず自分がどういう家に住みたいのかを明確にして、

設備もすべて決定して、さて、その家を作るのにいくらかかるのか?

って聞いたほうが良いと思います。

どんな家にしたいのか曖昧な状態で見積もりを取って、

その曖昧な見積もりに対して値引きを迫っても

あまり意味はないのかなぁ。。と。。。

ちなみに・・・

値引き以上に効果的な「施主支給」という

キーワードも覚えておくと良いと思いますよ^^

ハウスメーカー側は嫌がると思いますけど、

ネットショップで購入すると半額、いやそれ以下っ!

なんていう設備ってたくさんあります。

ぜひぜひ予算内で素敵な家を建ててくださいね^^

関連記事