北道路の土地では天空率を適用できない!

北道路 の 土地 に 天空率 による 北側規制緩和 を利用できるのか?

結論からいうと、
北側道路 の 土地 に建てる住居には 天空率 による 北側規制緩和 は利用できませんっ!

以下は、わたしたち夫婦が直面した悲しいお話です。(涙)

わたしたち夫婦が購入した土地は、第一種低層住居専用地域 で 北道路 の 土地 で、隣家の日照を確保するための規制がとても厳しい地域です。

規制があるということは自分の家の日照を確保できるという点でとてもありがたいことですが、うちの土地は 北側道路 の 土地 だけど東西に振っているため、理想の家を建てようとすると、どうしても北側規制(斜線規制)にひっかかってしまいました。

北側斜線規制が邪魔で、どうしても駐車スペースを2台並べて取ることができません。

2台並べて駐車スペースとれないと不便だし、セキスイハイムとの契約は解除しようか・・と思った矢先、営業さんから「天空率による規制緩和を申請してみよう!」と提案されました。

そのとき初めて知った 天空率 という魔法のような法律の抜け道(笑)、目の前がぱぁっと明るくなりました(おおげさじゃなく、ほんとに^^;)。

天空率による規制緩和を調べてみると、土地がそこそこ広ければ、かなり自由に家を建てられるんです。

なによぉ~このマジックぅ~~♪早く言ってよぉーーー♪ヽ(*^ω^*)ノ

天空率 の 利用には市役所の認可が必要なのですが、営業さん曰く、「まず問題なく認可されるでしょう」ということでした。

ところがっ!!!

それから数日後、営業さんから悲しげな声で電話が・・・

「天空率 は 北側道路 に接している土地では利用できませんでした・・・」

なんじゃそりゃっ!!!(#゚Д゚)

もう気分は天空率を利用する気まんまんだったんですよ!

天空率を利用するには特別に費用がかかるので、その費用も払うことになっていたんです。

それなのに、それなのに、今になって市からの認可が取れないってどういうことなのよっ!!

俄然納得がいかず、わたし、市の担当部署に電話しました。

すると、市役所の職員さん、

「北側の道路がある土地では天空率は利用できません。計算できませんから」

と、取り付く島もありません。しかも、天空率に関する法律を読み上げました。

なんとまぁ・・・機械的な対応で・・・(´-д-)-3

これはもう法律でそう規定されてるんだから、わたしがぎゃーぎゃー言っても適用できないものは適用できない!

そういうことだと泣く泣く引き下がりました。

後日、営業さんには当たり散らしましたが(苦笑)、どうやら話を聞いてみると、過去に他の市では北側道路で天空率が使えたそうなんです。

なんと 天空率 が 北道路 の 土地に利用できるかどうかは、市によって異なる!

そんなの知らないよぉ~~。

そもそもさ、北道路の土地より日当たりを確保しやすい南道路の土地だったら天空率ばっちり使って好きな家を建てられるって一体どういう了見なのさ?

うちの南側にはまだ家が建っていません。

明らかに天空率を使って巨大な建物が建ったら、もう悔しくて悔しくて地団太踏んじゃいますよ~(*`エ´*)

というわけで、結論
北側道路 の 土地 に建てる住居には 天空率 による 北側規制緩和 は利用できない
ただし、市によって対応は異なるので要確認!
そして、やっぱり南道路のほうが何かと有利である
わたしたちのそもそもの失敗は、北側規制のことを知らない状態でセキスイハイムと契約したことでした。

みなさんは、規制についてしっかりと勉強してから家づくりを始めてくださいね^^

関連記事