わたしの土地購入失敗談!

失敗しない 土地 の 選び方 & 注意点 をまとめてみました。

住宅用の土地って普通の家庭であれば一生に一度の買い物です。

家だったら建て替えも可能かもしれませんが、土地まで買い替えるっていうのはあまりない例だと思うのです。

そんな一生ものの買い物だから、みなさんには絶対に失敗 & 後悔をしてもらいたくない!!

ちょっと後悔しているわたしからのアドバイスがお役に立てれば幸いです^^

1. 北道路より南道路の土地のほうがやっぱりいい!

いろんなサイトをみていると「北道路の土地にもメリットがたくさん!」と紹介されていますが、実際に北道路で家を建てみると「やっぱり南道路のほうが人気が高い理由がわかる~」です^^;

南道路の土地のメリットは

● 日当たりがよい

● 駐車スペースを確保しやすい

● 南道路の土地のほうが勾配が少ないのでスロープを作りやすい

● 家の顔を作りやすい

● 天空率を使った北側規制緩和措置を利用できる

もちろん土地ごとに周りの環境も違ってきますし、道路からの勾配なんかも違ってきますので一概には言えませんが、わたしが家づくりで感じた南道路のメリットは↑のとおりです。

詳しくは、「北道路と南道路どっちがいい?利点について」に記載していますので参考にしてください^^

2. 周りにすでに建物が建っている状態で家を建てたほうがいい

わたしたち夫婦が家を建てた土地は北道路の土地で、南側にはまだ家が建っていません。

住宅地で住宅用に整備されていますので、南側の土地にはいずれ家が建ちます。

しかし、持ち主は何らかの理由でまだ手放さないor家を建ててないんですね。

現在は、畑となってますが、あくまで税金対策であって何かを育てるような土地にはなってません(水はけが悪くて、ポンカンの木が水浸し・・・)

不動産屋さんの話では「畑になってるし、あと5年は家を建てないつもりじゃないかなぁ~」とのことです。

でも、いつ家が建つかは、持ち主にしかわからないんですよね・・・。

家が建つまでは、うちの庭には日がさんさんと降り注ぎ、畑で野菜育て放題です。

なので、南側に家が建つまでは畑をやろうと思い、畑用の土を買って、せっせと環境を整えているのですが・・・。

やっぱり気になるのです、「いつ家が建つんだろう・・・」

そして、その家はどのぐらいの高さで、うちはどのぐらい日陰になるんだろう。。。

いつか南側に家が建つことをわかって購入した北道路の土地ですが、やっぱり気になっちゃうんですよ。

まるで時限爆弾です^^;

どのぐらい日陰になるんだろう、どのぐらい寒くなるんだろう、どのぐらいみじめになるんだろう・・・。

畑に苗を植えても、家が建ったら育たないんだろうな・・・。

そんなことをグルグル考えて、なんだか畑作業の楽しみも半減です。

土地を買うときは、周りにすでに家が建っている状態で建てたほうがいい、そんなことを両親から聞いて知っていましたが、無視したばっかりに今、苦しんでいます(苦笑)

これから家を購入される方はぜひ周りの将来も考えてから土地を購入してください。

自分の土地が日陰になる可能性が高かったらやめたほうがいい・・・というのが、今のわたしの気持ちです。

3. 駅から近いほうがいい。できれば徒歩5分!

うちは駅から徒歩7分ということで土地の購入を決めました。

が!実際、歩いてみると10分はかかります(苦笑)

土地を購入するときにも実際に歩いて測ったのですが、そのときはその土地が欲しいばかりに速足をしていたみたいです^^;

その土地が欲しい~と思うと、なんとかいい条件を見つけようとしてしまうので、少し厳しめに土地の条件を絞っておいたほうがいいような気がします。

駅から徒歩圏内がよければ、「徒歩5分!」にしておいたほうがよさそうです。

ちなみに・・・これから土地を買われる方、将来を考えると、やはり駅近がいいと思います。

郊外の住宅地だと土地も安くて手に入れやすいのですが、老後に運転ができなくなったとき買い物難民になってしまいます。

本数が少ないバスでは病院に行くのも一苦労だし、少子高齢化の今、郊外の住宅地は数十年後、ゴーストタウンとなって近所に住んでる人がいない・・なんてことにもなりかねません。

子供に同居してもらおうと思っている方も、駅近のほうがお子さんにとっても利便性が高いので同居してくれる確率が上がるのではないでしょうか。

将来、土地と家を売却して老人ホームに入ろうにも、郊外の土地では買い手がつかない可能性もあります。

なんせ、今は一人っ子も多く、一人っ子同士の結婚だと、両親の家がひとつ余ってしまうぐらいなのです。

老後のことを考えるのなんてなんだか暗くて嫌ですが、ぜひこの機会に30~40年後のことを考えてみてくださいね。

4. 地域の行事を事前にチェック!自治体の行事からは逃れられない!

戸建住まいになると避けられないのが自治体の行事です。

わたしたち夫婦が引っ越してきたのは新興住宅地だったので行事なんか少ないだろうとタカをくくっていたのですが・・・

この新興住宅地を作り上げた老人たちが黙っちゃいなかった!(笑)

自治会費の集金は毎月1000円、必ず班の人がまわります。振り込みNGです。近所の人と必ず声を掛け合う、そういう街づくりをしているそうです。

そして、各種行事は季節ごとに盛んです。

夏には参加必須の盆踊り練習があります。

もちろん夏祭りも参加必須です。

班長、区長などの役割は必ずまわってきます。

月に1度の会合には必ず出席しなければなりません。

婦人会のお食事会も参加必須。各種お掃除ももちろんあります。

驚いたことに、老人ように毎日イベントが開催されているようです。カラオケ大会とか社交ダンスとか、毎日やってるようです。^^;

若い世代からしたら「面倒~ムシムシぃ~」って思うところですが、自治会には参加しないわけにはいきません。

まずゴミ出しの問題。法律的にはゴミは誰でも出せるはずなのですが、自治会に入ってないとやはり出しづらいものです。

そして、災害時の受け入れ場所の確保。これが何より大事です。

有事のときに、避難所で毛布や食料が配られている場面をTVなどで見ると思いますが、あれ、誰でも受けられるわけではありません。

そう、あれをまとめてやってるのが自治体なんですっ!!

自治体の活動が嫌で参加してなかったら、災害の時に自分用の毛布がなかった・・・なんてこと、よくある話のようです。

そもそも自治体で用意している毛布や食料の数は自治区民の数になってるんです。

ご近所づきあい、面倒だといって止めるわけにはいかないこういう理由があるんですね。

わたしたち夫婦には子供がいないので自治体の行事に参加しずらいってたらないです。

それでも、まぁ頑張って参加しようよ、年取ったら絶対恩恵受けれるから・・と話し合ってます。

ただ、それも行事の程度にもよりますよね・・・。

地域によっては、はだか祭とか、年始に海に飛び込むとか^^;、いろいろとあるわけです。

それに参加できるかどうか・・・そのへんをよ~く調べて土地を購入してくださいね。^^

以上、わたしが失敗したなぁ~と思い、みなさんには気をつけてほしい土地の選び方です。

「そうはいっても良い土地がみつからないのよ~!」という方、「簡単!家を建てる土地の探し方」を参考にして、ぜひ素敵な土地を見つけてくださいね!!

関連記事