【Web内覧会】キッチン(引越し前後)

グランツーユー の Web内覧会、今回は キッチン をご紹介します。

キッチン は女性の聖域!と言われますが、わたしあまりキッチンにこだわりがありません・・・^^;

主婦のみなさん、キッチン設備を決められる際にはあちこちのショールームに行かれるようですねぇ。。。

わたし、ひとつも行きませんでした!(爆)

営業さんに勧められるがまま、セキスイハイム一押しの「リクシル(サンウェイブ):アミィシリーズ」で決定♪

他の方のWeb内覧会を読んでいると、システムキッチンについては相当時間をかけて決められているようなので、あっさり決めたものの、その後、ちょっと焦ったりしましたが・・・

現在、引っ越して2カ月経ちましたが、やはりこれといって不便はありません。

ただ、「ゴミスペース」に関しては考えてなかったのが後々問題になってきました。

その辺は最後に書きたいと思います。

その前に、まずは、うちのキッチンの配置についてご紹介します。

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ

システムキッチンと背面収納の配置

うちのキッチンは、↓の画像のようになっています。

セキスイハイム グランツーユー 北道路 の 間取り

ダイニングに対して対面になっていて、キッチンからダイニング⇒リビングと見渡せるようになっています。

システムキッチンは2.25mの標準タイプで、その隣に冷蔵庫があります。

この冷蔵庫の位置はこだわりました^^

玄関ホールからダイニングに入った時に、冷蔵庫が見えないようにしたかったのです。

うちの冷蔵庫、とても庶民的なのですよ・・・_| ̄|○

買い替えるにはまだ早いので、一番奥に配置して目の届かない位置にしました。

背面収納は↓のようになってます。

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ 背面収納

冷蔵庫の前が家電収納になっていて、電子レンジと炊飯器、コーヒーメーカーなどが入っています。

そのお隣にはシステムキッチンと同シリーズ(アミィ)の背面収納が続き、最後がセキスイハイムの収納がついています。

背面収納の配置でこだわったのも、やはりなるべく生活感が出る家電を見せないことでした。

なので、かなり高額な家電収納(12万ぐらいだったかな)を一番奥に配置して、電子レンジを見えにくくしました。

残念ながら冷蔵庫みたいに完璧に見えないという感じではありません。

玄関ホールから入ってすぐにダイニングのほうをみると、ちらりと見えてしまいますね・・・。

本当は、パントリーを作って、収納をすべて隠す、ということをやりたかったのですが、セキスイハイムのユニット工法だとそういう難しい芸当(工法?)ができないんですよねぇ・・・

なので、ただひたすらまっすぐに!シンプルに!!のキッチンが出来上がりました。

次は、システムキッチンの詳細をご紹介します^^

システムキッチン : リクシル (サンウェーブ) アミィ (サンヴァリエ)

うちのシステムキッチンは、リクシル (サンウェーブ) の アミィシリーズです。

ワークトップやシンクの手元は隠せるようになっていて、コンロの前に壁があるタイプです。キッチン上の吊戸棚はなしです。

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ ワークトップ ステンレス(リクシルより画像お借りしました)

オープンキッチンは最初から考えていませんでした。

オープンだと毎日ちゃんと片付けないといけないので・・・^^;

あと、うちの場合はスペース的にも無理がありましたね・・・。

オープンキッチンの場合、奥行きがあるタイプじゃないと、炒め物したときの油などが向こう側の床にまで飛び散りそうです。

キッチンの設備はほぼ標準仕様なのですが、浄水器だけビルトインタイプをつけました。(旦那さんの強い希望で)

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ ワークトップ ステンレス

ワークトップはステンレスです。

実家が人工大理石(人大)なのですが、かなり汚れが激しくて(茶渋が・・)、掃除が大変だったので、うちでは迷わずステンレスを選びました。

レトロな感じも気に入ってます♪(レトロって古臭いともいえるけどね^^;)

コンロはIHで、レンジフードは一番安いやつです。

高いレンジフードにすると、換気扇をつけたときに換気口が自動で開くらしいのですが・・なんとレンジフードのグレードアップは20万と言われ、断念しました_| ̄|○

なので、換気扇をつけるときは、換気口を開けるスイッチを押す必要があります。

慣れればそれほど苦ではないですが、アナログな感じは否めないですよね^^;

コンロ前の壁はセキスイハイムの「カラーラ」です。

最初はタイル調のものを選んでいたのですが、吸盤タイプのタオル掛けがつけられないということで、タイル調は諦めました。。。

タイル調、可愛かったのになぁ・・・残念・・・。

システムキッチンのカラーは、「シフォンホワイト」です。

最初は木目調のホワイトを選んでいたのですが、旦那さんに反対されて普通のホワイトに変更しました。

カタログに掲載されてたのが可愛かったですしね~。

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ ホワイト

(またまた画像をリクシルさんからお借りしました)

取っ手が細いシルバーで、これまたレトロな感じで気に入ってます。(だから古臭いんだって?笑)

次は、背面収納についてです。

キッチン 背面収納

キッチンの背面収納は、システムキッチンとそろえてリクシル(サンウェーブ)のアミィ―シリーズです。

奥行き45cmタイプで、普通(60cm)より狭いです。

やはりこれもスペースの問題で45cmしか置けませんでした。

奥行きが狭くてとくに困った点はないのですが、電子レンジだけは奥行きが45cm以上なので出っ張ってしまいます。

でも、家電収納の電子レンジ置きはテーブル部分が飛び出していて、奥行きが深い電子レンジでも置けるようになっているので、かろうじて電子レンジを置くことができました。

↓画像の奥のほうに一部テーブルが出てるところが見えますか?

そこが電子レンジ置き場です^^

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ 背面収納

(引き渡し時の写真なので、説明書がカウンターの上に乗ってます・・)

一番奥から、家電収納⇒カウンター⇒カウンター⇒食器棚となっています。

カウンターにはなるべく家電を置かず、可愛いキッチン雑貨で飾ったり、料理本を開くスペースとして利用したり、調理台スペースとして活用する予定です。

カウンターはダイニングやリビングから丸見えなので、なるべく生活感を出さないように気をつけたいところですが・・・

今のところは、パンやらミカンやらがゴロゴロしてます_| ̄|○

いずれ可愛いキッチン雑貨が似合うようにDIYしていきたいと思ってます。

食器棚もアミィシリーズのものです。

セキスイハイム キッチン リクシル サンウェーブ アミィ 背面収納 食器棚

(画像:再度、リクシルより)

結構大きいんですが、うちの食器を入れたらもういっぱいいっぱいでした。

新居ではかわいいお皿をもっと増やそうと思っていたのですが・・・断念です_| ̄|○

次は、キッチンの照明についてご紹介します。

キッチン 照明

キッチンの照明は、全部で5つです。

ワークトップの上には昼白色のダウンライトが2個あります。

セキスイハイム キッチン ダウンライト 照明

お肉や魚を切るとき、やはり色がよく見えないと衛生面で心配だと思い、昼白色(ホワイト)の照明にしました。

わたしは視力が悪いので、包丁を使う場所でははっきり見えると安心できます。

システムキッチンと背面収納の間の照明は3つとも電球色(オレンジ)で、1つはダウンライトです。

残りのふたつは、手作りのビーズランプです↓

セキスイハイム キッチン ナチュラル 手作りビーズランプ

セキスイハイム キッチン ナチュラル 手作りビーズランプ

セキスイハイム キッチン ナチュラル 手作りビーズランプ

LAMP LAMPさんのビーズキットを購入し、ワイヤーで手を刺しつつ苦労して作りました^^;

ダイニングからキッチンを見ると、このビーズランプが目に入り、きらきらした光に心癒されます^^

冷蔵庫前だけダウンライトにした理由は、IHコンロからの油がビーズランプについたら掃除が大変だなぁ・・と思ったから。

それに冷蔵庫前だと目に入らないし、ここはダウンライトにしておいてよかったなと思ってます。

↑の写真を撮影後、ビーズランプのコードの長さを短くしました。

わたしとしては長いほうが好きだったのですが、旦那さんの強い希望で短くカットされました_| ̄|○

引っかけシーリングの根元を隠すフランジカバーもつけたので、またいずれ写真をアップしますね。

では、お次はキッチンのフローリングです。

キッチン 大理石調フローリング

キッチン の フローリング はセキスイハイムの「大理石調フローリング」にしました。

特に何が気に入ったというわけでもなかったのですが、営業さんの勧めるがままにこのフローリングに決定しました!(笑)

セキスイハイム キッチン 大理石調フローリング 大建工業

セキスイハイム キッチン 大理石調フローリング 大建工業

この大理石調フローリングは、セキスイハイムのオリジナル品ではなく、大建工業の「フラフィアートスーパーファイン」というものです。

傷や水、汚れに強い大理石柄の化粧床材ということで、キッチンだけでなく、リビングやダイニングなど全面に採用される方もいるようです。

ワックス不要で、お手入れも簡単ということで期待していたのですが・・・

2カ月使用してみて、正直「う~~~~ん 」といった感じです。

キッチンって結構歩きまわるので擦り傷がつき、引っ越し当初の輝きはあっさりと消え去りました。

しかも、もともとツルツルなだけに、傷が目立ちます。

傷がつくと、今度は補修が難しい!

普通の木の床材ならホームセンターなどで補修材が手に入りますが、この大理石調フローリングは補修材がないんです。

引っ越してすぐこのフローリングに直径3mmほどの穴を開けてしまったので透明ボンドで補修してみたのですが・・・

いまいちな仕上がりでした^^;

↑で「穴が開いた」と書きましたが、物を落として傷つけると、普通のフローリングと違って「凹む」というより「穴が開く」感じなんです。

そのままにしておいたら、その穴からさらに傷が広がりそうな感じさえします(実際はボンドで埋めたのでわからないけど・・・)。

大人二人暮らしなのでかなり慎重に歩いているのですが、気付くとあちこちに擦り傷が広がっています。

小さなお子さんがいる家庭だと一体どうなるんだろう・・・と心配しちゃいます。

汚れの水ぶきは楽なんですけどねぇ・・・。

ちょっと悩ましいキッチンのフローリングのお話でした。

さて、お次はわたしのキッチンの失敗点をまとめてみます。

キッチン 失敗点

これまで キッチン で採用してきた設備をご紹介してきました。

キッチン にあまりこだわりがなかったので、引っ越してからいくつか大失敗!!と思った点がありました。

これからおうちを建てられる方、ぜひ参考にしてください。

【ゴミ箱の位置】

ゴミ箱の場所はあらかじめ決めていました。

↓画像のカウンター下です。

セキスイハイム キッチン ゴミ箱位置

しかし!!実際ゴミ箱を設置しようとして、ある問題に気付きました。

高さが足りないっ!!∑(-∀-ノ)ノ

システムキッチンの背面収納にデザインされているゴミスペースは高さが60cmなのです。

え?うちのゴミ箱なら入るよって?

いやいや、入れるだけならいいんですよ。

問題は、蓋が開かないこと!!

蓋が開いたとしても、今度はカウンターが邪魔でゴミが入れにくいったらありゃしないんです!

引き出し式のゴミ箱も考えたのですが、料理中に毎回引き出すってそんなことやってられないし、前のページでも書きましたが、このフローリング、キャスターでものすごく傷つくんです。

あーだこーだと考えて、考えて、考えて・・・・

結局、普通の箱をゴミ箱として利用しています。

ゴミ丸見えですが、もう仕方ない・・・_| ̄|○

その画像はいずれまたお見せしますね。

【ふきんを干す場所】

ふきんを干す場所にも困りました・・・。

なるべく生活感が出ないように、ワークトップから皿を干すカゴを撤去したので、皿はすべて拭いて片づけないといけないのです。

ということは、干す必要があるフキンが大量に出るわけでして・・・。

結局、コンロ前の壁にフキン干しを吸盤でくっつけて使っています。

かなりの生活感が演出されております(泣)

ゴミ箱・フキンは共に生活感が出やすいものなので、専用のスペースがあったら便利だったのなぁ・・・と今になって後悔してます。

どちらもあまり考えたくない(考えてもつまんない!)ものなだけに、設計段階でしっかりと場所の確保をされておくことをお勧めします!

特にゴミ箱は、上からゴミを投げ入れるという形が一番楽で、腰に負担がかかりません。

ゴミ箱の上にも十分なスペースがあるように間取りを考えてくださいね。

さて、長かった キッチンWeb内覧会は終了です。

次は、1階の洗面です^^

Web内覧会 洗面

関連記事