振り子付き掛け時計を電波時計にする方法

シャビーなフレンチカントリー風の掛け時計を購入し、電波時計ムーブメントに交換しました。

迷って悩んでようやく決定した時計はこちら ↓

電波時計ムーブメントに交換 Before

ジョイアスクロック 振り子時計』という商品です。

レビューにあるようにプリントされてるだけなのでちょっと安っぽいんですが、フレンチシャビーぽくって、アラビア数字(1 2 3・・ってやつ)のものってこれぐらいしか見つけられなくて・・・。

ローマ数字(IIIとかIVとか・・・のもの)ってかっこいいし、フレンチ風壁掛け時計の種類も多いんですが、ローマ数字だとどうしても時間が読みづらくって^^;

時計は見た目より使い勝手重視!ということで、今回はこの壁掛け時計に決定しました!

さらに、使い勝手重視のわたしは、この時計を電波時計にしちゃいました。

購入した電波時計用ムーブメントは『誠時 針付 振子電波ムーブ RC−480』です。

振り子時計用です^^

以前『フレンチシャビーな時計を電波時計に変更』でも書きましたが、こまめな時間合わせが面倒なので壁掛け時計は電波時計にするようにしています。

前回はムーブメントを交換しただけだったのですが、今回は長針・短針もそのままオリジナルのものを利用したかったので、平ペンチを使ってちょっとした工事をしました。

電波時計好きな方のために電波時計ムーブメントへの交換方法を写真付きで解説したいと思います♪

1. 壁掛け時計から長針・短針、ムーブメントをはずす

まずは壁掛け時計に最初からついている長針・短針をはずします。

長針・短針は今後も使うので、傷つけないように慎重に取り外しました。

垂直に上に向かって押し上げるだけでポンっとはずれましたよ。

その後、時計の裏側についているムーブメントをはずします。

このとき長針・短針がはまっていた軸の根元に固定具があると思うので、『振子電波ムーブ』に付属の工具でネジネジして取り外しました。

電波時計ムーブメントに交換 軸を取る

2. 長針・短針の軸を交換する

購入した電波時計ムーブメントにも長針・短針はついてきたのですが、今回はもともとついていた長針・短針を利用しました。

というのも長さがぜんぜん足りなかったからなんです!(>_<)

サイズが合えば、電波時計ムーブメントに付属の長針・短針を使うほうが簡単です。

なぜなら、長針・短針の軸(?)の径がちょっとでも違うと電波時計ムーブメントにはまらなくて利用できないんです。

↓の画像のように、軸の輪っかをはずして交換しなければなりません。

電波時計ムーブメントに交換 長針・短針 長さが違いすぎる

この小さな部品を取るのが大変なのですが、平ペンチを使ったらうまくできました。

輪っかの出っ張っているところを少しずつ中央に押し込んでいきます↓

電波時計ムーブメントに交換 長針・短針を再利用

取り外せたら、今度はオリジナルの長針・短針の軸に輪っかをはめるのですが、はめづらいときはまた平ペンチで出っ張りを中央に寄せていきます。

電波時計ムーブメントに交換 長針・短針を再利用

うまくはまったら今度は出っ張りを戻すようにします。

免責:

この輪っかが交換できないと新しい時計ムーブメントに古い長針・短針を取り付けるのは困難だと思います。

交換できるかどうかは運しだい・・・な気がします。

どうか自己責任のうえ、無理せず、うまくいきそうか判断してくださいね。

3. ムーブメント、長針・短針を取り付け、時間を合わせる

長針・短針の輪っかさえ交換できたらあとは簡単!

電波時計ムーブメントの取扱説明書を読んで組み立て、時間を合わせて完成です!

今回は振り子もオリジナルのものを再利用しました。

ムーブメントを交換した後のほうが振り子が下にさがってちょうどよくなりました(最初の写真と比べてみてください!)

電波時計ムーブメントに交換 After

あとは壁に取り付けるだけです。

フレンチシャビー 壁掛け時計

殺風景だった壁が少しにぎやかになりました。

でも、まだまだ飾りが必要ですね~。^^;

時計の周りにツタや薔薇の造花をつけてみようと思います♪

関連記事