ハンガーラックの作り方

先日『チェストの作り方(スライドレールを使った引き出し付き』でご紹介したチェストの隣にハンガーラックを取り付けました。

主人の衣類を掛けるためのハンガーラックです。

このハンガーラックも自作です^^

ハンガーラック作り方 DIY 自作

フレンチ風にしたかったので上部にモチーフをつける部分を作りました。

この構造だと頭でっかちで倒れてきそうなんですが、隣のチェストに片足を乗せて(ダボで固定)しているので安定感があります。

もちろんこれだけでは震度7クラスの地震には耐えられないと思うので、壁と固定する方法を考えようと思っているのですが、構造自体はとてもシンプルなので、簡単にDIYできちゃいます♪

主に使っている木材は4枚です。

ハンガーラック作り方 フレンチ風

①は1820mmのパイン材、②は910mmのパイン材をチェストの天板の上にダボで固定しています。

③は背面の板で、④は前面の装飾用の板です。

ハンガーラックのパイプは、昔使っていたハンガーラックのパイプ(木製)を取って再利用しました。

ハンガーラックDIY 作り方

パイプは側面の板の外側からビス留めし、ビスで凹んだ穴に木工パテを埋め、乾燥後にヤスリで擦って平らにしています。

こうするとビス穴が目立たなくなって綺麗に仕上がりますよ。

ポイントは、一か所につき2本のビス(ネジ)で留めることです。

1本だとパイプがくるくるまわっちゃう可能性があります。

あとは、半丸の木材や『みはしショップ』さんで購入したモチーフを貼り付け、ペンキを塗って完成です!

このハンガーラックでこだわったところは、下のほうに板を使わないことで、掃除機をかけやすくしたところです。

だから頭でっかちになっちゃったんですけど、普通販売されてるハンガーラックって下のほうに重心をもってくるために横木や底板があったりして掃除機がかけずらいものが多いですよね。

以前使用していたハンガーラックも下のほうに板があって掃除しにくかったんですよ~。

(DIY前の写真に写ってます ↓すっごいぐちゃぐちゃ~^^; )

着替え部屋 Before

それから、ハンガーラックの側板につけた100均フック2本で主人の会社バッグを掛けれるようになっています。

ここにバッグを掛けると、掛けたまま中身をチェックしたり、入れ替えたりができるんですって。

主人のこだわりです^^;

他にも主人のこだわりはたくさんあるのですが、なんといっても会社から帰宅後に汗でどろどろのYシャツを干す場所が便利です。

↓写真の奥のほうです。

フレンチアンティーク風 シャビーシック ハンガーラック チェスト

すぐ洗濯すればいいじゃん?って??

夜10時過ぎに洗濯は・・・わたしができない^^;

でも、汗でぬれてると洗濯カゴにも入れられない(発酵しそう?)。

なので、一時的に干す場所が便利なんです。

バスタオルも干せるし、なかなか便利かなぁと思っています。

本当は干す専用の部屋を作れればよかったんですけど、1階には作れなくて、2階にはあるんだけど、そこまで干しに行くのが主人にはできなくて・・・この場所に干す場所を作ることになりました。

(作り方はアルミパイプを壁に木材で固定しているだけです)

DIYだと自分好みにいろいろ調整できて楽しいです^^

ぜひみなさんも作ってみてください~!

関連記事