フレンチな飾り窓の作り方

普通の窓をおしゃれなフレンチシックな飾り窓にDIYしました♪

フレンチ風飾り窓 窓枠 DIY 作り方

飾り窓をつける前は、↓のように普通のハウスメーカー製の窓でした。

飾り窓をつける前 普通の窓

つっぱり棒でカフェカーテンをつけて日差し除けをしていましたが、あまりに寂しい窓ですよね・・。

もう少しフレンチ風なデコラティブな窓にしたかったので、自分で簡単にできる窓をデザインしてみました。

ホームセンターで購入した木材と、ネットで購入したアクリル板とモールディングを組み合わせるだけで、特殊な工具はまったく必要ありません。

誰でも時間さえあれば作れちゃう簡単な飾り窓&窓枠なので、気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね^^

飾り窓の作り方

1. 飾り窓本体の枠を組む。

外枠は24 mm × 40 mm の木材、内側の細い枠は12 mm × 24 mmの木材を使用しています。

ビス留めできるところはビスで、ビスが届かないところは無理やりボンド+隠し釘(斜め打ち)でとりつけました。

フレンチ風飾り窓 作り方 木枠 自作

2. 飾り窓の枠内にモールディングを嵌め込む

飾り窓の枠内に1 cm 幅のモールディングを45度カットで嵌め込んでいきます。

飾り窓 内枠 1cmモールディング 45度カット貼る

どーゆーことかといいますと、↓写真のとおりなのですが、わかるかしら・・・。

飾り窓 内枠 モールディングを嵌め込む

カットできたらボンドで貼り付けます。

モールディングを貼る場所は、飾り枠本体の端ギリギリのところにします。

このモールディングで中心のアクリル板を挟み込むイメージなのですが、言葉での説明は難しいので画像を作ってみました。

飾り窓 設計図 製図 窓枠 DIY

24 mmの木材に対して、10 mmモールディング + 3 mm アクリル板 + 10 mm モールディングを順番に貼りつけていくわけです。

あれ、残りの1mmは?って??

まぁ~細かいことは気にしなさんな(;-ω-)ゞ

ちなみに、ここでは表側のモールディングだけを貼ります。

3. ペンキを塗る。

飾り窓と、裏側につけるモールディングにペンキを塗ります。

まず、ステインを塗ります。

飾り窓にオイルステインを塗る

次にペンキを何度か繰り返して塗ります。
ペンキは『ニッペホーム 水性フレッシュワイド ウォームホワイト』を使いました。

4. 裏側からアクリル板を置いて、モールディングを嵌め込む。

ちょうどサイズにカットしてもらったアクリル板を飾り窓の内枠内(さきほど貼ったモールディングの上)に置き、その上からさらにモールティングを嵌め込んで、ボンドで貼ります。

飾り窓にアクリル板を置き、モールディングをカットして嵌め込む

アクリル板は3mm厚ともなると自分でカットするのは大変なので、カットして郵送してくれるサービスを利用しましょう。(わたしはアクリ屋さんにお願いしました)

貼りつけ終わると、↓のようにきれいな窓枠になります。

飾り窓本体完成 DIY 自作

5. 蝶番をつける。

いよいよ窓に取り付けるわけですが、蝶番をつけるための木枠を窓のほうにつけておきます。(家の壁にビス留めしちゃいます!)

この木枠にもあらかじめペンキを塗っておきます。

飾り窓 蝶番をつける

6. 飾り窓の外側に窓枠を作る。

飾り窓だけでは寂しいので、さらに窓枠をつけました。

まず、幅4cmの木枠を隠し釘で取り付けます。

飾り窓に窓枠をつける 外枠 DIY

次に、4cm幅のモールディング(みはしショップで購入)を45度カットして隠し釘で打ち付けます。

4cm幅モールディングを45度カットして貼りつける DIY

以上で完成です♪

フレンチシックな飾り窓 出窓 DIY

素人DIYにしては見栄えがよくなってお気に入りです^^

飾り窓の内枠に嵌め込むモールディングの45度カットが128本分にもなるのでものすごーく時間がかかりますが、それさえ乗り越えられればそれほど難しい作業はありません。

参考までにうちで使用した木材のサイズを書きましたが、ご自宅の窓のサイズに合わせて木材のサイズを変更されると良いと思います。

うちは出窓風の窓枠を作ることができましたが、もともとの窓枠に奥行きがなくて、飾り窓を取り付ける場所がない窓もあるかもしれませんね。

よく計画を練って、簡単にでも設計図を書いて、チャレンジしてみてくださいね!

関連記事