フレンチな壁面収納の作り方

フレンチ風 壁面収納 の作り方をご紹介します。

勾配天井に作った壁面収納ですが、普通の天井高さ240cmで作りました。

DIY 初心者なので、予想外のハプニングがありましたが、木工パテで埋めまくってなんとか形にしました^^;

フレンチシャビーなペイント家具で大型の壁面収納が欲しい方、ぜひ参考にしてください。

フレンチ風背面収納 作り方 DIY

1. 上の棚 & 下の棚を作る

壁面収納は大型で重いので、棚を上下に分割して作りました。

上下とも高さが違うだけで作り方はほぼ同じです。

まず、↓のように木枠を作ります。

写真のように、下の棚は、床から少し上げて作っています。(あとで装飾モールディングをまわすためです)

フレンチ風背面収納 作り方 DIY:木枠を組みます

モールディングをつける場所を確保するために、左右と上側に木枠をつけます。

フレンチ風背面収納 作り方 DIY:モールディングの場所を確保

扉とキャッチャーをつける場所も確保するために木枠をつけておきます。

フレンチ風背面収納 作り方 DIY:キャッチャーと扉をつける場所を確保

2. 扉を作る

次に、壁面収納の扉を作ります。

下の扉は、3mmのシナべニアに9mmの集成材とモールディング(ホームセンターで購入)、2mm厚の細い木を貼りつけているだけです。

フレンチ風背面収納 作り方 DIY:扉を作る

フレンチ風背面収納 作り方 DIY:扉にモールディングを貼る

扉の作り方 モールディングを貼る トリマーで削る

扉 木口テープを貼る

断面には木口テープを貼りつけています。

使用した木口テープはこちら ⇒ 『木口テープ 15mmシナテープ(50M/巻単位)

木口テープのカットには『エッジテープカッター』を使用しました。

上の扉も同じように3mmのシナベニアに9mmの集成材を貼りつけているだけなのですが、トリマーで曲線カットし、さらに装飾トリミングもかけています。

曲線の窓をあけた扉を作る DIY

曲線の交わるところはトリマーだけでうまくできなかったので木工パテで加工しました。

木工パテをリューターで削る

使用した木工パテは2剤を混ぜて使うタイプのものです。

2剤タイプは固く仕上がるので、後で加工したいときに便利です。

使用した木工パテはこちら ⇒ ボンド ウッドエポキシ ラワン

3. 背面の壁をつける

壁面収納の背面を作ります。

シナべニアに『ブライワックス』を塗りました。

ブライワックスを塗る DIY

この後、壁面収納の背面のみ壁に取り付けました。

木桟があるところを狙ってネジで固定し、最後に真ん中に壁紙(輸入壁紙 アメリカ製 ブレスター)を貼りました。

壁面収納の背面を壁に取り付ける

4. モールディングと装飾レリーフを取り付ける

フレンチ風を演出するために、これでもかっ!というぐらいモールディングと装飾レリーフを取り付けます。

ネットで見つけた素敵な家具を参考にして、モールディングをぐるぐると回しました。

参考までに使用したモールディング、トリマービット、装飾レリーフの購入先をご紹介しますね。

~上の棚~

フレンチ風ペイント家具 モールディングと装飾レリーフ

① 『みはしショップ

② 『セブンタウンズ

③ ホームセンター

④ 24mm厚の木の上側に『ヒョウタン面ビット』、下側に『ギンナン面ビット』でトリミング(使用ビット:E-Value 超硬ルータービットセット (ERB6-10R)

⑤ 『Comptoir de Maki

⑥ 『45度面取りビット』でトリミング(使用ビット:ERB6-10R

⑦ 『ヒョウタン面ビット』でトリミング(使用ビット:ERB6-10R

⑧ ホームセンターで購入した2mm厚の木を貼りつける

~下の棚~

シャビーシックな棚 モールディング

⑨ 45mm厚の木の上側にSK11 ギンサジ面ビット (SRB-19)』、下側に『SK11 ヒョータン面ビット』でトリミング

フレンチシェルフ 手作り モールディング トリマーでトリミング

⑩ 『SK11 ギンサジ面ビット (SRB-19)』でトリミング

ペンキ後の写真なのですが、左側の側面のみ装飾しています↓

装飾モールディングとフレンチ輸入レリーフ モチーフ

5. ペンキを塗る

ペンキをひたすら塗ります。

最初に水性オイルステイン『和信ペイント 水性 オイルステイン オールナット 300ml』を塗り、次に『ベンジャミンムーアペイント 艶消し sea haze (2137-50) 』を2回塗りました。

最後に、シャビーな感じにするために、ホワイトと水で薄めたペンキを全体にまだらに塗ります。

和信 水性オイルステイン オールナット

フレンチカラーのペンキ グレージュ ブルーグレー

ペンキ後、中板を乗せるための棚ダボを入れる穴をあけました。

採用した棚ダボはこちら ⇒ 『スガツネ工業 棚ダボ ホワイト (SS-323W)

6. 組み立てる

最後に組み立てです。

上の棚を二人がかりで持ち上げ、固定します。

地震対策のため、L字金具で壁に打ち付けます。

上下の棚もネジで固定しています。

壁面収納 地震対策 壁に打ち付ける 固定

真ん中の部分の床面と天井も取り付けます。(いつか飾り棚にしたいと思ってる部分です)

壁面収納 フレンチ家具 輸入壁紙

扉をつけます。

上の扉にはアクリル板を裏からネジで固定しました。

DIY アクリル板 ネジで固定

取っ手は上の扉のみ奮発^^ 購入先 ⇒ 『Brass Knob & Hook

下の扉はホームセンターで100円ちょっとで購入。

アンティーク風取っ手 真鍮

蝶番は掘り込み不要の『堀込み不要スライド蝶番 キャッチ付【ハイロジック】』を使用しました。

(キャッチ付きのほうがガタガタしなくて使いやすいです。)

上の棚のみ地震対策ラッチをつけました。購入先は⇒『ムラコシ 耐震ラッチ PFR-T

耐震ラッチ 背面収納 壁面収納

そして完成です♪

フレンチ風背面収納 作り方 DIY

~ポイント~

モールディングをつけるとどうしても45度のところに隙間ができたりします。

そんなときは木工パテです!

隙間が大きいときは、『ボンド ウッドエポキシ ラワン』をたっぷり盛って、硬化後に削って形作ります。

隙間が狭いときは『ボンド 木材補修用 ウッドパテ タモ白』で隙間を埋めます。

DIY初心者なのでとにかく木工パテにはお世話になっちゃいました^^;

木を組み立ててるより、木工パテを削ってる時間のほうが長かったかも(汗)

それでもペンキ塗っちゃえば全然わからないので、木工パテ、オススメです^^

以上、すごーく長いレポートになりましたが、参考にしてみてくださいね!

● 2013年11月20日 追記 ●

巨大な棚のアクリル部分にカーテンを取り付けてみました。

巨大棚 アクリル板 目隠しカーテン

カーテンの素材は麻(リネン)でざっくりした感じが田舎風になっているかなと思います。

実はこのカーテン部分のデザイン、『フレンチ・シャビーのインテリア (ヨーロッパのインテリアシリーズ)』に掲載されてる家具を参考にさせてもらってます♪

興味がある方はぜひご覧ください!

関連記事