間仕切りカーテンの作り方

自宅の一室にトリマーやジグソーを使う工房を作りたくて間仕切りカーテンを設置しました。

電動工具(とくにトリマー)は木くずがものすごく飛び散ります。

作業をしている本人の髪の毛が真っ白になるぐらい!!

できれば、トリマーやジグソーを使う専用の部屋があればいいんですけど、残念ながら新居を建てる際にまさか工房が欲しくなるとは思っていなかったので余分な部屋がありません。

そこで、部屋の片隅に天井カーテンレールを取り付けてぐるりと空間を囲む間仕切りカーテンを設置しました。

間仕切りカーテン 天井レール 作り方 (工房)

間仕切りカーテンの取り付け方は簡単で、まず↓の写真のように鉛筆でレールを取り付ける場所に印をつけ、カーテンレールのブラケットを取り付けます。

わたしが使用したカーテンレールはこちら⇒『手曲げ用カーブレール TOSO リフレ

出窓用の曲線カーテンレールです。2本使用したんで、真ん中でつなぎ合わせるブラケットも購入しました。

間仕切りカーテン 天井レール 作り方 ブラケットをつける

ブラケットを取り付けたらレールを嵌め込んで、あとはカーテンをつけるだけです。

カーテンはニトリで購入しました。

間仕切りカーテン 天井レール 作り方 カーテンをかける

レースカーテンにした理由は、中で作業しているときに圧迫感を感じないようにです。

裾を引きずる長さにして木くずが飛び出さないようにしました。

間仕切りカーテン 天井レール 作り方 工房

狭い空間なので工房としてはお粗末な限りですが、それでも木くずが飛び散らないことで掃除は楽になりました。

同じ部屋にパソコンやプリンター、スピーカーといった機械製品があるので、そういった精密機械が壊れないようにするという点でも役立っていると思います。

間仕切りを作ってみて思ったのですが、これって小さいお子さんの子供部屋にも便利かもと思いました。

親と離れて寝るのは寂しいけど、プライベート空間も欲しいお年頃の子どもにはちょうどいいかも^^

関連記事