家づくりで失敗した点:第1位!玄関スロープがないこと

長らくお付き合いいただきありがとうございますm(_ _)m

ようやく我が家の「家づくりで失敗した点ランキング」第1位までたどりつきました!

第10位は「将来のことを考えすぎて失敗した点」でしたが、今度は将来のことを考えなさすぎて失敗した点です。

第1位!玄関スロープがない

うちの玄関の写真です↓

家づくりで失敗した点:第1位!玄関スロープがないこと

もう言葉での説明は不要ですよね・・。

そう、玄関スロープをつけられるところがありません。

北道路の土地にはありがちなんですが、南側に家が建ってもなるべく日光が当たるように、道路より少し高い位置に家を建てています。

うちの場合、60cmぐらい高基礎になってます。

そのため、玄関までの階段が8段ついています。

まぁ、健康なうちはいいんですよ、8段ぐらいなんてことない!

しかし、もしうっかり怪我をして車イス生活にでもなったら・・・。

脳卒中で歩けなくなったら・・・。

わたしが車イス生活になったら、旦那さんに背負ってもらうという手があります^^

しかし!旦那さんが車イス生活になったら・・・えっと・・・(;-ω-)ゞ・・・玄関までの8段、わたしが旦那さんを引きずって登るしか家に入る手段がありません。

お尻強打なのは間違いありません^^;

なかなか“自分が将来歩けなくなるかも”なんて想像することってないと思いますが、100%そういう事故や病気に遭わないなんて保障、実はどこにもないんですよね。

そういう可能性、実は家づくりを始めた最初のころはすごくよく考えていたんです。

ところが、いざ間取りを考え始めると、今の元気な生活を優先させてしまって、いつの間にか、体が不自由になる可能性なんて考えるのを止めてました。

一生住める家づくりを目指していたはずなのに・・・気付けば、老後にすごく困る家が出来上がっていました・゚・(*ノДノ)・゚・

この家で旦那さんが車イス生活になったら・・・どうしたらいいんでしょう・・・。

解決策として、ひとつは、駐車スペースをつぶして、玄関ステップ8段を上るエレベータをつけるという方法があります。(↑の写真で「ここにエレベータ?」と書いた場所です)

問題は、第2位でも書きましたが、こちら側の駐車場しかわたしが車を停められないことです。

つまり、車を諦める、ということになります。

でも・・・それは・・・旦那さんを介護する場合、病院などにはわたしが運転して連れていくわけだからさすがに不便そうです。

もうひとつの解決策は、家の東側にある通路にスロープをつけて、庭側に回れるようにすることです。(↑の写真で「ここにスロープつけてリビング吐き出し窓から家に入る?」と書いたところ)

この東側の通路は、↓のようになっています。

家づくりで失敗した点:第1位!玄関スロープがないこと

幅が1.6mあるのでスロープにするには十分ですが、なんとまぁ、巨大エコキュートが邪魔をしていて、そこだけ車イスでは通れません。

建築中にこのことに気付いたわたし、慌てて「エコキュートを西側に設置して!」とお願いしたのですが、時すでに遅し・・・。

もし、この東側通路にスロープを作りたければ、エコキュートを移動させる、つまり基礎に穴をあける工事をする、ということになります。

スロープひとつで大工事です_| ̄|○

それでもお金を払ってエコキュートを移動させ、東側通路にスロープを作ったとします・・・。

次に問題になるのは、リビングの掃出窓まで登るスロープも必要だという点です。

50㎝ほどの高さがあります。

家づくりで失敗した点:第1位!玄関スロープがないこと

なんだかもう、家に入るまでに一苦労です。゚(PД`q*)゚。

しかも、リビングの掃出窓から出入りする生活ってとても不便そう。

車イス生活なのに、さらに引きこもりがちになりそうですよね。。。

それって心の健康によくありません。

とすると・・・最後の手段は、家を売却して、介護向きのマンションに引っ越すことです。

これがたぶん一番の解決策です。

でも・・・

せっかく家を建てたのに・・・

終の棲家にするはずだったのに・・・

わたしのうっかり「玄関スロープ忘れた!」で、生涯の住居設計が大きく変わることになってしまいました。

体が不自由になってから自宅で生活するのはかなり難しいことだとは思います。

でも、一から自由設計で建てた家です。

老後のことや病気、怪我のことまでちゃんと考えて設計しようと思えばできたはずなんです。

それなのに目先の楽しさだけを取って、こんなことになってしまって・・・。

家づくりで失敗したことランキング1位は、怪我や病気をしたら住むことができない致命的なミス・・でございました・・・。

ちなみに、わたしが老後のためにしっかり考えておけばよかった~と後悔している点は、
* 玄関スロープをつけなかったこと
* 玄関ドアを親子ドアにしなかったこと(玄関ドアは広くないと車イスは難しい)
* 玄関土間を広くして車イス用のスロープを作れる場所を確保しなかったこと
* 1階から2階へあがるエレベータを将来的に作れる場所を確保しなかったこと
* 車イスでも対応できるトイレにしなかったこと(特にうちは入り口が狭い)

玄関や通路を広くしてしまうと必然的に部屋が狭くなってしまいます。

それでわたしも躊躇したんですが、一生住みたいのなら車イスでの動線も考えておいたほうが安心ですよ~。

これまでのランキングは↓こちら♪

第10位『1階に洗濯機用水洗がいらなかったこと
第9位『フローリングの見切りの色がおかしいこと
第8位『WICに排気口がないこと
第7位『クッションフロアは凹むのでイスに不向き
第6位『バスタオルやバスマットを干す場所を考えていなかったこと
第5位『大型収納が少ないこと
第4位『外構プランを考えていなかったこと
第3位『屋根が短いこと
第2位『駐車スペースが狭いこと

関連記事