家づくりで失敗した点:第5位!大型収納が少ないこと

家づくり 失敗談ランキング 第5位の発表で~す。

第5位!大型収納が少ないこと

新居を構えるなら収納は絶対に多いほうがいい!とよく言われています。

そんなアドバイスに従って、わたしもできる限り多くの収納をあちこちに作りつけてもらいました。

それなのに!!引っ越し後、収納が足りなくて、そして将来的にはもっと足りなくなることがわかり、愕然としました(´゚д゚`)

ただ単に収納が足りない、のではありません。

わたしは物を溜めこむほうではないし、現在、うちの収納スペースは余っています。

でも足りないっ!!(>_<)

なぜか?・・といいますと、

大型の物をしまう場所がないんですっ!!!

たとえば、新居に引っ越してから購入した脚立。

高さが160㎝ぐらいあり、幅も40cmぐらいあります。

いままで実家に保管させてもらっていたスノーボードも引越しと同時に引き取ったのですが、これもまたかなりの大物で、ウォークインクローゼットの貴重なスペースを憎々しいまでに占拠しています。

旦那さんの海外出張に合わせて購入した最大級のスーツケースもウォークインクローゼットに鎮座しています。

欲しいけど片づける場所がなくて購入を躊躇してるものもあります。

来客用の布団。せっかく泊ってもらえる部屋があっても、布団をしまう場所がありません。

大きな家に引っ越したので、もっと大きなクリスマスツリーも欲しいです。

でも、飾ったあと、どこに片づけたらいいのでしょう・・・?

「じゃぁ、さっき余ってるって書いた場所にしまえばいいじゃない?」と思いますよね?

入らないんですよ~(泣)

余ってる収納場所は、どこも縦に短い。奥行きも足りない!

うちで大型の物をしまえる場所は、ウォークインクローゼット(WIC)しかありません。

そのWIC、大人気すぎて、すでにギューギューです。

寝室にあるWICなので、衣類やカバン、タオル、シーツなどが中心で入っています。そのほか、わたしたち夫婦の季節の布団、スーツケース、スノーボードがあります。

もうこれだけでいっぱい、いっぱいです。

家づくりで失敗した点:第5位!大型収納が少ないこと

家づくりで失敗した点:第5位!大型収納が少ないこと

わずかな隙間はありますが、こんなちっぽけなスペースに大型の物は入らないのです!

収納って数があればいいってものじゃないんですね。

何を片づけたいのかによって収納のサイズを決めていく必要があります。

たとえば、↑の写真のウォークインクローゼットの棚は奥行き45cmです。

服を掛ける場合、この45cmがちょうどいい。

60cmになると奥が深すぎてスペースの無駄になるし、服を取り出しにくいと思います。

扇風機や暖房機器を片づける収納は逆に45㎝では狭すぎます。

奥行き90cmのたっぷり収納で、なおかつ高さを自由に調整できる棚のほうがいいはずです。

布団を収納する場所も奥行き75~90cmあったほうがいいですよね。

来客用の布団などはあまり使わないので、じめじめした場所は避けたほうがいいように思います。

床下収納もぬか床作らないから~といって設置しないのはもったいないです。

防災用の食品やグッズをしまったり、もうわたしなんかは保管が義務付けられてるけど二度と見ることがない確定申告の書類とか入れてます。

このように、収納ってしまうものによって適した大きさがあるんですよね~。

で、うちの場合は、浅めの収納(奥行き45cm)があまりに多かった!

本とか取扱説明書なんかをしまう場合にはすごく便利なんですが、大型のものを入れるのが困難です。

家のあちこちに取り付けた小型収納をなしにして、もうひとつ大型のウォークインクローゼットを作っておけばと思わずにはいられません。

大は小を兼ねる!なので、みなさんは大型納戸をぜひ作ってくださいね!

次は、第4位!⇒ 『外構プランを考えていなかったこと

これまでのランキングは↓こちら♪

第10位『1階に洗濯機用水洗がいらなかったこと
第9位『フローリングの見切りの色がおかしいこと
第8位『WICに排気口がないこと
第7位『クッションフロアは凹むのでイスに不向き
第6位『バスタオルやバスマットを干す場所を考えていなかったこと

関連記事