セキスイハイム 入居1年目の電気代

セキスイハイム 入居1年目の電気代をご報告します。

セキスイハイム では 太陽光発電 を使った光熱費ゼロ(ゼロハイム)を得意としています。

スマートハイムナビ という電気代を確認できるシステムで日々節電に取り組めば必ず光熱費ゼロ、それどころかプラスになって副収入になる!と言われました。

原子力発電所の事故もあり、地球のためになる かつ 副収入になる♪ のなら、太陽光発電を採り入れよう!と決め、屋根にできるだけたくさんの太陽光パネルを乗せてもらったのですが・・・

副収入にわくわくしながら1年後・・・我が家の電気代はこうなりました ↓

セキスイハイム 太陽光発電 電気代ゼロ(ゼロハイム)ならず

2012年11月~2013年10月 電気代

我が家の太陽光パネル: 4 kw
住人:夫婦ふたり(夫 会社員、妻 専業主婦)
住宅設備:オール電化、エコキュート、空気工房プラス

電気代 受給代 損益
2012年11月 ¥14,564 ¥8,862 ¥-5,702
2012年12月 ¥23,064 ¥8,526 ¥-14,538
2013年1月 ¥19,517 ¥8,568 ¥-10,949
2013年2月 ¥17,954 ¥11,088 ¥-6,866
2013年3月 ¥10,677 ¥13,062 ¥2,385
2013年4月 ¥9,988 ¥18,816 ¥8,828
2013年5月 ¥7,023 ¥15,078 ¥8,055
2013年6月 ¥8,762 ¥8,190 ¥-572
2013年7月 ¥11,813 ¥10,542 ¥-1,271
2013年8月 ¥12,573 ¥8,316 ¥-4,257
2013年9月 ¥8,454 ¥13,608 ¥5,154
2013年10月 ¥9,092 ¥10,038 ¥946

年間 使用電気量 153,481円
年間受給料金 134,964円
損益 -18,787円

結果は・・・ゼロハイムならず!!┐(´д`)┌

セキスイハイムとの契約時に太陽光パネル 4kwを乗せた場合の電気代シュミレーションをしてもらい、そのときは必ずゼロハイムになると言われたのですが・・・。

残念ながら我が家の年間電気代は18,787円の支払いとなってしまいました。

ゼロハイムにならなかった理由

我が家がゼロハイムにならなかった理由はいくつか考えられます。

1. わたし(妻)が専業主婦で、電気代の高い日中に在宅であるため。

我が家はオール電化なので、日中の電気代と夜間の電気代に差があります。

夜間の電気代は格安なのですが、日中はものすごく電気代が高いのです!

ですから、日中に仕事や学校などで誰も家にいないと、とっても電気代がお得です。

実際、5 kw搭載の夫婦二人暮らし、共働きのお宅では、月々3万円もプラスになっているそうです!(驚)

わたしのような引きこもりがいないご家庭だとゼロハイムになる可能性が高いです。

2. 節電の意識が低い(?)

入居1年目ということで毎月ものすご~く気をつけて節電を心がけていたつもりなのですが・・・どういうわけかスマートハイムナビという節電システムから「お宅は電気使いすぎです!もう少し節電を頑張りましょう!」と、お叱りのメールが届きます。

エアコンを使わない季節でも「電気使いすぎです。平均よりも多いです!!」と注意のメールが送られてきます。

なぜでしょう~( ;∀;)

夫婦ふたりしか住んでないのに、全ご家庭の平均より使ってるって一体どうなってるのでしょう・・・_| ̄|○

これでも、1年目はどうしてもゼロハイムにしたくてエアコンをなるべく使わないようにしていたんです。

夏は暑くて暑くて、思考停止になるぐらいの温度で耐えたのに・・・。

うちは全館空調を前提にしているのですが、そんなことしたら電気代がすごいことになってしまうので、閉め切れる部屋に閉じこもって冬と夏をやりすごしたのに・・・。

本当に理由がわかりません~!

3. 全館空調を前提としたオープンな間取りなので熱効率が悪い

スマートハイムナビで使用されてる電気代をみると、エアコンにかなりの電気代を使っていることがわかります。

我が家は全館空調を前提とした間取りになっています。

ドアがない部屋があったり、リビング吹き抜け、勾配天井だったりします。

そのため、冬はなかなか1階が暖まらないし、夏の2階はものすごーく暑くてサウナ状態です。

エアコンをつけ、サーキュレーターで空気を回してみるのですが、冬の朝は3時からエアコンをつけていても1階は寒いですし、夏の夕方は何も考えられないぐらい2階が暑い・・・。

なるべく節電をしようと夏などは夕方にはエアコンを諦めて思考停止することを選択しています。

が、それでもやはりエアコンの電気代が高いんですよね。

これってきっとオープンすぎる間取りのせいじゃないかと・・・。

吹き抜けや勾配天井がない普通の間取りのお宅に住んでる方は、かなり快適だし、電気代も高くないとおっしゃっていました。

オープンな間取りだと家族の気配を感じられて楽しいのですが、その分電気代はかかってくるのかもしれません。

4. 空気工房の電気代が高い

セキスイハイムには木造と鉄骨があります。

我が家は木造なので空気工房という24時間熱換気システムを導入しています。

この換気システム、なんとエアコン以上に電気代がかかっています。

24時間つけっぱなしなので電気代がかかるのはしかたないのですが、もしかしたら鉄骨の家に採用されている快適エアリーはもっと電気代がかからないのかもしれません。

どうでしょう・・・

セキスイハイムでおうちを建てられる方は確認したほうがいいかもしれませんね。

今後の節電対策

1年間節電をしてみて思ったのは、

もう節電したくなーーーいっ(`ω´)

冬は暖かく生活したいし、夏は涼しく過ごしたいんです~~!

ですから、今後、我が家がゼロハイムになることはないでしょう(諦め~)

そもそも、中部電力は値上げを決定したし、消費税は上がるし、太陽光パネルの発電力は落ちていくし・・・

頑張っても副収入は得られそうにありません。

というわけで、今後は楽しく電気を使っていきたいと思います!(やけくそ!?)

関連記事